リクルーター制度の真実

2007.05.27 Sun

リクルーター制度とは、人事部に所属していない一般の社員が、自分の大学の後輩などに接触して 大学のOB・OG という割合フランクな立場から新人と面談し採用活動を行う、そんな制度です。 リクルーター制度をガンガンに使って採用活動をしている企業としては、三井住友銀行・住友信託銀行・日本生命・第一生命などが有名。 リクルーターの女子学生に対するセクハラがあったことで有名な三菱東京UFJ銀行も旧UFJの流れを汲んでリクルーター制度をまだ微妙に残している様です。

また、リクルーター制度を採用している企業は、採用活動を 学閥主義 で行っていることが多いです。 「会社の社風として学閥主義が色濃く残っている」、そんな企業の可能性が非常に高いと言えます。

そんなリクルーター制度を攻略する方法は非常に簡単です。というのも、リクルーターは大概は若手の、しかも大学のOB・OG。 社会人3年目くらいの若い兄ちゃん姉ちゃんと面接官歴15年の強面の人事担当者、攻略するなら 99% 前者の方が楽です。正直、リクルーターと仲良くなってしまえば楽勝です。 うまくリクルーターに取り入って、「こいつを採用したい!」なんて思わせましょう。

とは言え、リクルーターも人事から採用というミッションを課せられた 評価者 。 面談の前には就活生の書いたエントリーシートや適性検査・SPIの結果のプリントアウトを10分くらいかけて読んでたりします。 面談の後は当然ながら、就活生の評価を人事に報告しているはずです。

もしあなたが エントリーシート を 適当 に書いていたり、あなたの受けた 適性検査 と エントリーシート の内容が ズレ ていたり、 SPIの点数 がとんでもなく 低かったり したら……。

二度とあなたの携帯にリクルーターから電話が掛かってくることはないでしょう。

リクルーターとは言え、就活生に対する評価はそれなりにシビア。油断は禁物です。 毎日就職ナビをうまく活用してみんなが面接対策として最低限行うことくらいはしておきましょう。

【毎日就職ナビ】 エントリーシート無料添削講座、無料適性検査、無料SPI模擬試験、実施中!
 (↑クリック後、右上「内定支援」クリック後、中段左「エントリーシート添削講座」「適職診断 MATCH」「SPI+ 一般常識 完全突破塾」をクリック)

ちなみに、リクルーターによっては「これは面接ではありません。ボクは君の大学のOBだし。気楽に話してください。」なんて言いますが、そんなこと言いながらしっかりあなたを評価してますので注意しましょう。

  1. 2007/05/27(日) 20:12:07|
  2. 就活裏ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「当社以外の志望企業は?」の答え方

2007.05.20 Sun

「当社以外に選考を受けている会社はありますか?」
「当社以外に志望されている会社はありますか?」


面接の場で、説明会のアンケートで、リクルーター面談で……。このような質問をされたことのある就活生は多いはず。こういった質問は、就活をやっていたらほぼ確実に毎回聞かれるはずです。この質問に対し、馬鹿正直に答えている就活生も多いのではないかと思いますが、
単に正直に答えることは得策ではありません。

〜  理想的な受け答え  〜

面接官:「それでは以上で面接は終了です。最後に、当社以外に志望されている会社がありましたら教えてもらえますか?」
就活生:「はい、○○○社(業界大手のライバル社)と ×××社(業界の異端児・ベンチャー)です。」
面接官:「×××社かあ、珍しいね。何で受けてるの?」
就活生:「はい、×××社は御社と比べればまだ規模は小さいですが、〜 省略 〜 だからです。」
面接官:「そうですか。全部受かったとしたらどこに行きます?」
就活生:「正直、昨日まで相当迷っていたのですが、今日、△△さん(面接官)にお会いし、いろいろお話を聞かせていただいて、やはり御社で働いている方が一番魅力的だと感じました。今は正直に御社が一番行きたい会社だと言えます。」
面接官:「おお、そうですか。ありがとう、分かりました。」

〜  このやりとりのポイント  〜

多くの場合、面接官はその会社・その業界の顔とも言える頭の切れるエリート社員です。×××社のような、その業界の人間にとっては有名でも世間一般ではさほど有名でない会社の名前を出すことで、このエリート社員の面接官は「この就活生は他の子と違うな。」と感じます。また、最後に「あなたは他社の面接官より人間として魅力的だ。あなたに会えたから御社が第一志望になった。」と間接的に言うことで、エリートの心をくすぐります。

×××社のような企業は普通に就活をしていては見つかりません。普通に就活をしていて知ることができるような企業は×××社には不適格です。日経就職ナビジョブウェブなどの
リクナビ以外の就活ポータルサイトであなたの志望業界の×××社を探し出しましょう。イメージで言うと、大手金融を受けているならリサパートナーズなどが×××社にぴったりの会社です。

ジョブウェブ …… ベンチャー企業を中心に紹介している就活ポータルサイト。就活ブログが充実していて口コミ情報多数有り。
日経就職ナビ …… リクナビに載っていない企業も紹介している就活ポータルサイト。

ちなみに、この方法は慶○大学の某就活サークルで使われている方法です。毎年この方法を使って大手金融や外資系金融、大手商社に多くの慶○生が入社しているそうです。確かにこんなやりとりをされたらサクッと面接に受かってしまいそうです。

  1. 2007/05/20(日) 14:04:32|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インターンシップの威力

2007.05.13 Sun

インターンシップとは、「学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度」のことです。

ここ数年、入社3年以内の社員の 退社 が非常に増えてます。その数、実に 3割 。その多くが「こんなはずじゃなかった。」と言います。就活生の仕事や社会に対する認識不足を解消し、企業と就活生のミスマッチを防ぐ、それがインターン制度です。

以上のことを踏まえると、企業の人事担当者はインターンを経験している就活生に対してこのように考えます。

「この学生、うちの会社じゃないけど○○○社で インターン を経験してるので、仕事に対するイメージも出来ているはず。ならすぐに辞めちゃうこともなさそうだし、とりあえず 上げ とこうか。」

ここで使われている「上げる」とは、「ひとつ上の選考の段階に上げる」という意味です。

事実、私の後輩でも、インターンを経験した人は大概、みんなが羨むような企業(総合商社、投資銀行、シンクタンク、外資系証券、大手メーカー)に受かっています。
私の友人の某財閥系商社の人事部の人間も、エントリーシートでチェックする項目に「インターン、留学、資格」の3つを挙げています。

当サイトを読む暇があるのなら、ジョブウェブでインターン関連のイベントの申込みをするべき、それくらいインターンは重要です。

ジョブウェブ ← 新3年生向けのインターンシップイベント有

ちなみに、インターンを受ける過程で面接を経験したり、エントリーシートを書くことを経験したりできますので、「人より先に就活に慣れる」という意味でも有用です。

  1. 2007/05/13(日) 14:36:12|
  2. 就活裏ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自己PRの捏造

2007.05.04 Fri

「今年は大量採用だ!」なんて余裕かまして就活をしていたら、5月過ぎても無い内定……。今年はそんな就活生も多いと聞きます。でも、焦る必要ありません。就活はまだまだこれから。「これから巻き返してやりたい!」そんな就活生のために、当サイトおすすめの「自己PRの捏造の仕方」を伝授!

〜   自己PR捏造の方法   〜

1、入社後に必要と思われる資格を調べる。
2、その資格を今、勉強していることにする。
3、「残りの学生生活は御社に入ってすぐに活躍できるように資格の勉強にも精を出します!」とアピール。

この方法、かなり使えます。いろいろ突っ込んだ質問をされる可能性がありますので、ヒューマンアカデミーなどで資料請求(無料)して、その資格がどんな資格で、今どんなことを勉強しているのかくらいは言えるようにしておきましょう。

ヒューマンアカデミー ← 社会人の資格取得・自己啓発の定番。資料請求は無料です。 

ちなみに、私の友人・後輩の何人もがこの方法で某メガバンクや某生保、某損保、某自動車メーカーに内定しています。

  1. 2007/05/04(金) 13:12:04|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

iaigiri

Author:iaigiri
当ブログは就活居合斬り!で掲載された【就活裏ニュース】、【就活の裏技】の過去ログ倉庫です。

問い合わせ・相互リンク・広告掲載

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約