連絡事項

2009.09.20 Sun

1.検索エンジンから来た方々へ

Yahoo!さんに嫌われているのか・・・こっちが上位で表示されることが多いので

就職偏差値チェッカー搭載|就活居合斬り!
本サイトに御用の方はこちらをクリック!


※ 当ブログは以前使っていた過去ログ倉庫、過去の過去ログ倉庫です。


2.更新情報

09/09/20 過去記事のリンク切れを修正しました。

  1. 2009/09/20(日) 19:15:13|
  2. コラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

会社説明会・セミナーの裏側

2008.02.17 Sun

2月・3月は多くの企業がセミナー・会社説明会を行う月です。 さて、皆さん、会社説明会を甘く見ていませんか?

会社説明会では何人かの社員があなたを観察して点数をつけていることがあります。 例えば「○○君は今、手をあげて質問したな……。積極性をA評価にしとこう」だとか 「A-15の子は寝てるな。D評価だな……。」といった具合に。 ランダムに席に座ってるはずだし、名前なんか解るわけないよ!とお思いでしょうか?人事部はしっかりと席順を決めているか、もしくは さり気なくアンケートに名前を書かかせてそれを右から左に回収して誰がどこに座っていたか把握しています。 会社説明会も立派なアピールの機会なのです。受け身にならず、積極的に質問をするなどして能動的に会社説明会に参加しましょう。

というわけで、2月・3月は当サイトの就活カレンダーを活用するなどして(更新停止中)、 日経就職ナビリクナビから できるだけ多くの会社説明会にエントリー・参加し、積極的に質問をし、アンケートをばっちり書いてきましょう。

なお、一部の企業では会社説明会の後にいきなりエントリーシートを書かせたり、SPI・適性検査を受けさせたりするケースがあります。 会社説明会に参加する前に、これらは是非とも準備しておきましょう。

  ・内定への手引き   ・エントリーシートの書き方@就職   ・適性検査@就職   ・SPI対策@就職

慶応大学の某就活サークルでは、2・3月で主だった企業の会社説明会に片っ端から出席することを奨励しています。 そして、SPI・適性検査・エントリーシート対策は2月中に終えて、3月には万全の態勢になるようにしているそうです。

  1. 2008/02/17(日) 11:11:44|
  2. 就活裏ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

学歴フィルターの真相

2008.02.03 Sun

「学歴フィルター」についてご存じでしょうか。企業が設けた基準以下の大学を選考から排除することであり
・エントリーシートの内容を確認しない
・就職セミナー予約ができなくなっている
  等々…
リクナビやマイナビが普及した頃から、学生の間で語り継がれていました。 「どうやら学歴フィルターがあるらしい」と。

実際に大○総研が「学歴フィルター」を使っていたようです。 東大の就活生は会社説明会の参加予約ができ、基準以下の学歴の就活生だと「満席」。 ここまで露骨な学歴フィルター逆に珍しいです。読まれるはずのないエントリーシートを書かせたり、 選考対象としては難しい就活生を説明会に参加させたりしないわけですから、ある意味で親切と受け取れなくもありませんが……。
正直、その企業に入社したいと本気で思っている就活生にとっては「ふざけるな!」でしょう。

ある財閥系商社の採用担当者が上司から言われたそうです。
「学歴で選んでることがバレない様にしろ―。」

では、これに対して就活生はどう対応すればいいのでしょうか? あなたがもし大学名で自分を見るな!自分自身を見てほしい!と思うなら
適性検査対策・SPI対策をしましょう。

前述の通り、エントリーシートは最悪読まれないか良くても機械採点に回されて試合終了の可能性が濃厚。 適性検査やSPIは多くの場合「受けられない」ということはなく、学歴が基準未満の就活生を採用する唯一の判断材料になっていることが間々あります。 しかも、その気になれば、適性検査対策なんてものの1・2時間で、SPI対策も一週間程でできてしまいます。
ちなみに上記の大和総研の学歴フィルターの検証結果によると、MARCH未満の大学だと確実にアウトだったようです。 MARCH以下の就活生は後悔しないように適性検査対策・SPI対策をしておきましょう。

適性検査を受ける、  ← クリック後、右上「就活準備」、中段「自分を知る」下「自己価値発見診断」をクリック
SPI問題集  ← クリック後、右上「就活準備」、中段「TOPICS」下「〜就職力模試・・・」をクリック

【参考サイト】 適性検査@就職 内定への手引き SPI対策@就職

なお、適正検査の内容と実際の面接の内容に食い違いがあると面接で落とされかねません。 上の参考サイトをしっかりと読み込んで本番に向けて隙のない対策を練っておきましょう。

  1. 2008/02/03(日) 16:31:40|
  2. 就活裏ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

SPI・筆記試験の本当

2007.11.03 Sat

企業の選考の第一段階では大抵、SPIやSPI2などの筆記試験が行われますが、実はコレ、就活生の学歴と密接な関係にあることが多々あります。 大手企業の場合、早慶東大一橋以上の大学の人は筆記試験の点数の優劣はほとんど見られませんが、 日東駒専以下の就活生の場合は筆記試験の点数が悪いと容赦なく落とされることがあります。

というのも、筆記試験は業者に委託されているケースが多く、多くの場合「就活生一人当たり○○○円」という風に企業はコスト負担を強いられているそうです。 学歴の高い就活生は形だけ筆記試験を受けさせて解答用紙は破棄、学歴の低い就活生は筆記試験の結果で十分に吟味する  ― そうすれば希望者が何千人もいる企業の場合、相当なコスト削減をできるのです。

確固たる学歴でないMARCH以下の就活生は絶対に筆記試験・SPI対策をしておきましょう。さぼるときっと後悔します。

ちなみに筆記試験・SPI対策は日経就職ナビで無料で行えます。 日経就職ナビの就職力模試を受講してみてください。

まずは過去問を解いて実力アップを図りましょう。模擬試験は直近のものでは11月20日〜行われます。 この模擬試験、自分の順位が分かるので早慶東大一橋の就活生も自分の実力を知る為に受けておくことをオススメします。

  1. 2007/11/03(土) 20:28:28|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

内定の捏造のススメ

2007.09.17 Mon

「ゴールドマン・サックス証券に内定したけど、自分の生きる道ではないと思い、就職活動をまだ続けている。」
【就職偏差値ランキング】 ゴールドマン・サックス証券(GS)は就職偏差値73の超難関の外資系証券会社!

社会人なら誰もが知っています…ゴールドマン・サックスは平均年収6000万円の外資系証券会社。 「ゴールドマン・サックス証券の内定を持っています。」このひと言はどんな自己PRよりも威力があります。 面接の場でこのひと言を言えば、面接官はその瞬間からあなたに釘付けになるでしょう。

内定の捏造は非常に簡単で非常に効果を得られる裏技です。
内定の捏造をする際は、以下の点に気をつけて自己責任でお願いします。

1.バレたら即退場。捏造の対象はバレないくらいのレベルの会社にしておきましょう。(参考:就職偏差値ランキング
2.入社後にバレたら相当気まずい。捏造の対象はやっぱりバレないくらいのレベルの会社にしておきましょう。
3.まだ内定が出ていない企業の内定の捏造をすると、すぐにバレますので注意。
4.友達には何も語るべからず。はっきり言って最低のやり方ですから……。

基本的に人事部の人間と言えども、他社の選考の内容は分かりません。 「○○○社に内定しています。」と言われれば、まずは信じます。 余程のことがない限り、裏を取ることはしませんし、裏を取ること自体難しいです。 なので捏造し放題と言えなくもないのが現実です。

ちなみに、いかに内定の捏造をしたところでSPIや適性検査、エントリーシートで落とされてしまったら意味がありません。 以下の3サイトを参考に100%面接まで到達できるようにしておきましょう。

  ・適性検査@就職    ・内定への手引き    ・エントリーシートの書き方@就職

※ 往々にしてSPI・適性検査・エントリーシートが不十分だと捏造がバレがちです。上記サイトをしっかり読み込んで、
   「こいつが○○○社に内定しているはずがない!」などと思われないようにしておきましょう。

  1. 2007/09/17(月) 20:13:08|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エントリーシート攻略の裏技 その3

2007.09.02 Sun

その1、その2を読んだ方はお分かりの通り、エントリーシートは企業の選考の初期の段階ではほとんど使われません。 では、エントリーシートなんて適当に書いておけばいいのでしょうか?そんなことはありません。 多くの大手企業では二次選考からしっかりと人物を見るようになります。そこではエントリーシートは非常に重要な位置づけなのです。

ご参考までに、以下に某自動車メーカーの面接官の動きを掲載します。

〜  二次選考以降の面接官の動き方 : 面接の前  〜

1.一次選考で評価が高かった就活生から順に、就活生のエントリーシートと適性検査、SPIの結果を数分かけて分析。
2.エントリーシートと適性検査の結果に矛盾がないかチェック。矛盾がある場合は面接にて検証。
3.SPIの結果と学歴に大きな差がないかをチェック。大きな差がある場合は面接にて検証。
4.上記2・3で明らかにおかしい場合はこの時点で落とされることもある。


〜  二次選考以降の面接官の動き方 : 面接中  〜

5.エントリーシートと適性検査の結果の矛盾について検証できるような質問をする。就活生にとっては圧迫面接に感じることも。
6.「数学は得意?」「英語は勉強してるの?」「SPIの勉強はしてる?」などの質問をし、SPIの結果と学歴の差について検証。
7.エントリーシートの内容と適性検査の結果に基づいて様々な質問をする。面接での印象により5段階評価がされる。


以上1〜7を見れば分かる通り、エントリーシートは非常に重要です。 そして、エントリーシートと適性検査の結果に矛盾がある場合、かなり突っ込まれます。 エントリーシートの内容と適性検査の結果にズレや矛盾がある方は就活で苦戦してしまう可能性が高いです。 是非とも適性検査の結果を自分で見て、検証しておきましょう。

日経就職ナビ ←クリック後、右上「就職準備」、中段「自己価値発見診断」をクリック

  1. 2007/09/02(日) 18:10:55|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エントリーシート攻略の裏技 その2

2007.08.04 Sat

「エントリーシートで落ちた。」 よくこういったフレーズを口にする就活生を見かけますが、果たして本当なのでしょうか? そもそも、何千枚も送られてくるエントリーシートがちゃんと読まれているのでしょうか? 人気企業になればなるほど、採用担当者がエントリーシートを読む時間はなくなります。

何千枚ものエントリーシートをじっくり読んで一次選考をするなんて非効率的なことをしている会社なんて滅多にありません。

では、どのようにして一次選考がされているのでしょうか?企業にもよりますが、ザックリと分けるとこの3つの方法に分かれます。

1.SPI・適性検査の結果で一次選考をしている
2.学歴で一次選考をしている(例えば、早慶以上は自動合格など)
3.「資格や留学、インターンの経験などの人と違う何かがあるか」で一次選考をしている

多くの企業では上の1−3を併用しているようです。上の1−3のどれかに該当しないと一次選考で落ちてしまうのです。 なので、学歴も資格も留学経験やインターンの経験もない、そんな就活生はSPI・適性検査でちゃんと結果を出しましょう。 そうすれば一次選考で落ちる可能性がかなり減るはずです。特に適性検査は結果を自分で見返して、違和感のないようにしておきましょう。

SPI対策をする  ←クリック後、右上「就職準備」、中段「〜就職力模試・・・」をクリック
適性検査対策をする  ←クリック後、右上「就職準備」、中段「自己価値発見診断」をクリック

では、エントリーシートの中身(学生時代に最も力を入れたこと、自己PR、志望動機など)は見られないのでしょうか?そんなことはありません。 二次選考以降はエントリーシートの中身をちゃんと見られます。なのでエントリーシートの中身は適当でいいというわけではありません。

  1. 2007/08/04(土) 15:03:12|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

秋採用・夏採用の真実

2007.07.15 Sun

「納得のいく企業の内定が貰えなかった」 「資格試験に落ちてから就活を始めた」 「ボケーっとしてたら未だに無い内定」

様々な理由で秋採用・夏採用(以下、秋採用に統一)に人生をかける就活生がいますが、ご存知の通り秋採用は 狭き門 です。 そんな狭き門の秋採用で内定を勝ち取るには志望企業が何故秋採用を実施しているのかを知り、戦略的に動く必要があります。というわけで、秋採用の実態を以下に公開します。

企業向け人材採用情報サイトの Disco Human Resource PLAZA による秋採用の分析?
企業向け人材採用情報サイトの Disco Human Resource PLAZA による秋採用の分析?
企業向け人材採用情報サイトの Disco Human Resource PLAZA による秋採用の分析?

上のリンクの?をご覧いただければ分かるように、就活生は「何故、秋採用を受けているのか?」という問いかけに対して明確な答えを持っていなければいけません。 その企業に内定できるかどうかは「何故、秋採用を受けているのか?」という問いかけにどう答えるかで決まります。 志望企業が秋採用でどんな人物を採用しようとしているのかを知り、それに合わせることが重要です。

〜 企業が秋採用でどんな人物を採用しようとしているか 〜

1、有名大手企業  …  留学経験者、資格試験脱落組などの訳あって春に就活が出来なかった優秀な就活生を採るため。
2、知名度低い大手企業  …  春採用では人材を十分に採用できなかったから、秋採用で穴埋めを。それなりの人材ならOK。
3、特殊な業界の中堅中小企業  …  その業界を目指していて大手に受からなかった、そんな人材を採用するため。
4、ブラック企業  …  とにかく誰でもいいから一人でも多く採用したい。人間なら誰でもいい。

ザックリと上記のような理由で企業は秋採用を実施しています。留学・資格などの理由のない方が秋採用で有名大手企業に受かりたいなら、自己PRを捏造するくらいの気合いが必要です。捏造の方法についてはこのページこのページをご覧ください。

また、毎日就職ナビでは例年秋採用特集を実施中です。 リクナビには載ってない企業も多数ありますので、本気で秋採用を考えている方は毎日就職ナビに登録して、日立グループやサントリーグループなどの大手企業にエントリーしましょう。

  1. 2007/07/15(日) 16:25:07|
  2. 就活裏ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エントリーシート攻略の裏技 その1

2007.07.08 Sun

よく「就活を成功させるためにで最も大切なことは何ですか?」という質問を受けますが、私はいつもこう答えます。
「就活で最も重要なのは エントリーシート です。」
エントリーシートは就活の全ての場面で必要なものであり、エントリーシートの内容が中途半端だと就活はほぼ確実に失敗します。 人気企業ですとエントリーシートだけでかなりの就活生が落とされます。 マスコミ・商社・銀行・大手メーカーetc。それなりに名の通った人気企業の内定を得るためにはエントリーシートの攻略が不可欠です。

というわけで、エントリーシート攻略の裏技を以下に公開します。何度も書きますが、エントリーシートの攻略無くして就活を成功させることは出来ません。是非とも攻略法を自分のものにしましょう。

〜  20秒間で意味を伝えられるエントリーシートか?  〜

あなたにとっては入魂のエントリーシートであっても、企業の採用担当者にとっては何千、何万もあるエントリーシートのうちの一枚に過ぎません。 人気企業になればなるほど、採用担当者にはあなたのエントリーシートをじっくりと読む時間がありません。 某食品会社の採用担当者によると、エントリーシート1枚を読むのにかけられる時間は20−30秒ほど。 テレビCMと同じくらいの長さです。 採用担当者が20秒間であなたのエントリーシートから得られる情報なんて1つか2つくらいです。 あなたはそのことを意識して、テレビCMと同じように自分を表すキャッチコピーを何度も繰り返したエントリーシートを書くようにしましょう。

【エントリーシートの例?】    【エントリーシートの例?】  ←  自分を表すキャッチコピーを繰り返しているエントリーシートの例

そうは言っても、芸能人でもない私達には自分を表すキャッチコピーなんて簡単に見つかりません。 そんなときは日経就職ナビ の自己価値発見診断などを受けて自分を表すキャッチコピーを見つけましょう。 まずはキャッチコピーを見つけることがエントリーシートの攻略の第一歩です。

日経就職ナビ  ←クリック後、右上「就職準備」、中段「自己価値発見診断」をクリック

ちなみに、慶応大学の某就活サークルでは、上のリンクにある毎日就職ナビの適職診断などを使って8月の夏合宿までに自分を表すキャッチコピーを決めてしまい、夏合宿では「30秒間アピール」という30秒で自分を言い表すコンテストを行ってしっかり訓練し、9月からガンガン就活を行っているそうです。

  1. 2007/07/08(日) 21:10:11|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

6月以降の就活を成功させる秘訣

2007.06.17 Sun

6月以降の就活は6月以前の就活と違います。 というのも、遅くとも6月上旬くらいには内定をもらって、就活を終えてしまうのが一般的なため、「何故6月以降も就活を続けているのか?」を説明する必要があるからです。 何故自分が未だに就活を続けているのか……ぶっちゃけ「内定がもらえないから」という理由が一番多いのでしょうが、もっとスマートで面接官が納得できる理由でないと内定をもらうことは難しいでしょう。 では、どんな理由がいいんでしょうか?当サイトおすすめの理由はこの2つです。

1、他企業の内定はもらった ものの納得がいかない為

無い内定でも内定をもらっていたことにしてしまえば問題ありません。 みずほ銀行などの大量採用の会社から内定をもらったものの、自分のことを本当に見て採用してくれたのか疑問が残っている為、まだ就活を続けている……こんなことを言われると非常に立派な人間に思えます。

2、公務員試験 の勉強をしていた為

公務員試験なんて受けたことある人じゃないとどんなものなのか詳しく知りません。 ヒューマンアカデミーなどでの公務員講座の資料請求をして公務員試験がどんなものなのかを知っておけば大概、バレません。

理想は上の2つの理由をミックスさせることです。 「みずほ銀行に内定をもらって、就活を一段落させてから公務員試験を受けましたが、残念ながら試験は失敗。みずほ銀行もいい企業ではあると思うものの、自分のことを本当に見て採用をしてくれたのか疑問。もっと自分に合った企業を見つけるために就活を再開しました。」なんて言えば、一気にあなたの評価は上がるでしょう。

ただ、そうは言っても、SPIの得点が低かったり、適性検査の内容がボロボロだったりしたら内定を得るのは難しいでしょう。 あなたが6月過ぎまで就活を続けているのは、SPIの得点が悪いことや、適性検査が酷い内容になっていることが原因かもしれません。 SPI対策、適性検査対策をしたことない方、自分の受けた適性検査がどう評価されているか見たことの無い方は必ず日経就職ナビでSPI対策・適性検査対策をしておきましょう。

SPI対策 ←クリック後、右上「就職準備」、中段「〜就職力模試・・・」をクリック
適性検査対策 ←クリック後、右上「就職準備」、中段「自己価値発見診断」をクリック

また、「就活サイトはリクナビしか登録していない」という方は、日経就職ナビ ジョブウェブなどに登録して、「行きたい企業のエントリーに間に合わなかった」ということがないよう、情報量を増やしましょう。

  1. 2007/06/17(日) 17:05:34|
  2. 就活の裏技|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
次のページ

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

iaigiri

Author:iaigiri
当ブログは就活居合斬り!で掲載された【就活裏ニュース】、【就活の裏技】の過去ログ倉庫です。

問い合わせ・相互リンク・広告掲載

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約